珪藻土(けいそうど)塗り壁について

ご連絡

珪藻土とは、植物性プランクトンの死骸が海や湖などの底にたまり、堆積して出来た土のことです。

自然素材の壁材として内装などに用いられます。

その場合、接着剤と混ぜて壁に塗り込むことになりますが、接着剤に含まれる化学物質がハウスシックを引き起こす可能性もあるため、気にされる方は注意してください。

珪藻土の最大の特徴は吸放湿能力にあります。

これについては、その特性を利用したバスマットなどがあるほどですが、壁材としても、室内の湿度や湿度を吸い取ることで室内を快適に調節してくれます。

また、その他にも、 断熱性や保温効果、 耐火性能なども優れているなどの多くのメリットがあります。

一方、最大のデメリットも吸放湿能力と関係しており、水気を吸ってカビなどが生えるという問題点があります。

これについては、こまめに換気をして湿気を逃がすというのが基本的な解決方法ですが、湿気の多い地域や水はけの悪い土地では、利用を避けた方が良いかもしれません。

また、その他にも劣化しやすく、汚れが落ちにくい、工事に時間がかかるという問題点があるため、利用を検討する際には、業者と良く相談して考えてみてください。

お問い合わせ・ご相談

このページのトップへ