ヒノキの耐久性

ご連絡

木造建築物の材料の中でも、ヒノキは昔から使われていた木材で、その耐久性には定評があります。

何百年も前の神社や寺院の建築にはヒノキの柱が使われ、法隆寺などは1300年たった今でも立派に現存しています。

ヒノキの強度は材木になってからどんどん上がっていき、200年後くらいで強度は最高値に達します。

これは木材の中でずば抜けて高い数値といえます。

その後強度は緩やかに下がっていくのですが、その下がり方がとても遅く、1000年以上たっても、伐採当時と同じくらいの強度を誇ります。

ゆえに昔から神社仏閣の柱として利用されてきました。

耐久性は世界最高レベルなのです。

またヒノキには独特の香りがあり、抗菌作用や鎮静作用、防虫作用など様々な効能があるため、お風呂などにも利用されてきました。

1000年以上たったヒノキを削ってもまだその香りがするといわれているほど香りの持ちも良いです。

また水分の含有量が少なく、腐りにくい性質も持っています。

お問い合わせ・ご相談

このページのトップへ